閉鎖循環式陸上養殖

閉鎖循環式陸上養殖とは

閉鎖循環式陸上養殖システムとは

従来の脱窒装置を使用した飼育システムとの違い

脱窒技術

脱窒を組み込む意義

閉鎖循環システムに脱窒を組み込む事で多くのメリットを得られます。常に低硝酸濃度に維持することで、魚介類が硝酸中毒にならず健康に飼育できるので成長が速くなります。例えばヒラメは半年程度で出荷サイズになります。さらに飼育水中の微生物の繁殖が抑制されるため魚病の発生がなく、水の嫌な匂い(ジェオスミン臭)も無いので魚介類に匂い移りが無く、食品としての価値が高くなります。その結果、匂い抜き期間を置かずに出荷できます。今まで飼えなかったウニ、アワビ、サンゴなど様々な無脊椎動物の養殖・畜養も可能となった他、難しかった観賞魚の繁殖も容易となりました。

泡沫分離装置

  泡沫分離装置は泡の力で水中の細かな粒子や、溶け込んでいるタンパク質や粘液物質、二酸化炭素などを除去する装置です。

泡沫分離装置が必要な理由

・水中の微粒子や細菌類の除去
・溶け込んでいるタンパク質や粘液物質などの除去
・生物ろ過槽の負荷や汚れの軽減
・水中への酸素の供給

CONTACT

お問い合わせ

資料のご請求や製品・サービスに関するお問い合わせは、
下記の電話かお問い合わせフォームよりご連絡ください。

03-6433-2492
【受付日時】月〜金 9:00~17:00